ヤマカタさんと秘密の画像/テレワークのヤマカタさん[第17回]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ会議、ふとした瞬間に起きる事件の話です。

ヤマカタさんと秘密の画像

 

画面の共有機能、ウェブ会議をされてる方は当然のように活用されてるかと思います。

共有されてるかどうかが共有してる本人には意外とわかりにくいですよね。

「うっかり関係ない情報が共有されてしまった!」なんてことが内容気を付けましょう。

今回は簡単にできる対策を4点ご紹介します。

共有範囲を目的のウィンドウのみにする

TeamsやZoomなど、一般的なウェブ会議アプリであれば画面の共有範囲が指定可能です。

目的のウィンドウだけを共有すれば、事故は最大限防ぐことが可能です。

見られたらNGなものは事前に隠しておく

画面全体を共有しなければならない場合、デスクトップのアイコンやウィンドウなどを整理し、会議に関係ないものが見えないようにしておきましょう。

集中モードを使う

画面共有中、同僚の冗談めいたメッセージが表示されて恥ずかしい思いをしたことはないですか?

Windowsの通知は「集中モード」に切り替えることで通知のシャットアウトが可能です。

集中モード

目的が終わったらすぐに画面共有を解除する

発表が終わったのにいつまでも画面共有してる時が危険なタイミングです。

気がゆるんだ瞬間が一番危険ですので、目的が終わったらすぐに画面共有は解除しましょう。

 

以上、ウェブ会議をされる方の参考に案れば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレワークも強力サポート!プロジェクト管理ツール「Time Krei」

Time Krei(タイムクレイ)は、プロジェクトを効率よく回すための『プロジェクト管理ツール』です。経営者やマネージメント層の「知りたい」を「見える化」し、課題解決に導きます。


製品情報をチェックする

株式会社テンダ
ヤマカタさんと秘密の画像/テレワークのヤマカタさん[第17回]
テンダ仙台支店
サイトトップ
支店情報
オフィス情報
取り組み
ヴィジョン
事業紹介
開発分野
開発言語
パッケージ
実績紹介
すべて
開発実績
デザイン実績
その他
採用情報
ブログ
お問い合わせ
Copyright© TENDA Co.,Ltd. All Rights Reserved.